②厚板プレス打ち抜きの量産加工が得意

月産200万パンチの生産能力!

150tプレスライン
150tプレスライン

弊社ではメインプレスラインを500tプレス(自動・単発)1機、150tプレス(自動)2機にて量産加工体制を敷いております。板厚0.8mm~10mmまで、材料巾250mmまでレベラーフィードで対応可能です。 自動化することにより、材料歩留りの向上、生産効率のUP、不良率の減少などのメリットが見込まれます。 
1ロットの生産数量は増加することになりますが、総合的に判断をすると費用対効果が見込まれます。 

月産200万パンチの生産能力とは 

弊社ではメインラインを自動化しております。500t厚板プレス打ち抜き加工ラインで月産50万パンチ。 150t厚板プレス打ち抜き加工ライン2基で月産160万パンチ。3基合計で月産約200万以上の厚板プレス打ち抜き加工製品を生産できる体制を構築しております。 

500tプレス 50万パンチ/月   
150tプレス 160万パンチ/月(2機合計) 150tプレス自動ライン 

弊社では、最大で1製品が50万個/月産の厚板プレス打ち抜き加工製品の生産を実現しております。 

小規模な会社ですので、オペレーターを多能工に教育し、メイン担当・サブ担当と複数担当制にするなど、生産効率の向上を図っておりますので、夜間の少人数での稼働や生産条件によっては一部で無人運転も実現しております。 

厚板打ち抜きプレス加工の量産加工のメリット

・歩留りの向上・・・材料を厚板プレス打ち抜き加工機に機械で自動挿入することで、材料の送り量が安定するので材料ロスを削減できる。

・生産効率のUP・・・材料を厚板プレス打ち抜き加工機に機械で自動挿入することで、材料の送り速度が速くできるので生産効率が向上する。 

・不良率の減少・・・材料を厚板プレス打ち抜き加工機に機械で自動挿入することで、材料送りが安定するので不良率が減少する。 

コイル材での材料供給が難しいような生産ロットや、試作対応、t12mmなどレベラーでの対応ができない場合はシート材でも対応しております。